ネコな海老 nekoebi.exblog.jp

ネコな海老


by neko_ebi
プロフィールを見る
画像一覧

フランスを想う日。

2013年1月15日(月・祝)、一日大雪。
家を出るにも出られずに1日キッチンで過ごした。
どういうわけか、朝からめいいっぱいフランスを感じる1日だった。

あるものでポタージュを作ろうとコンロの前に立つと、窓の外に吹雪が見える。
外の風は水気を帯びて冷たくて、でも、手元から根菜のことこと煮える湯気が立っていて、
暖かさと冷たさのコントラストが、わたしをフランスの山の中に一気に引き戻した。

1日かけて3日分ぐらいのお弁当を作り、
キッチンにある食糧をチェックしていたらブルガー小麦を発見。
どう食べるか散々調べたあげく、袋の裏のレシピを参考に、ただ、ゆでてみた。

フランスで初めてステイしたファームで、ゆでるだけの穀物を食べたんだけど、
そうかあれはもしかしたら、ブルガー小麦だったのかもしれない。
何をするにもフランス語しかなく、パッケージの裏のレシピですら辞書を片手に向き合ったっけ。
食べるものはいつもシンプルで、パスタをゆでてバターを絡めるだけだったり、
穀物を茹でて、煮物に添えるだけだったり、
野菜をザクザク切って、オイルをかけるだけだったり。

でも、そのどれもがしみじみとおいしくて、
「複雑なものはなにもいらない」、そう思ったんだった。

そうだ、あの気持ち。

それを思い出したくて、今晩のごはんは「複雑でない」ものに。
ブルガー小麦を少しの塩で茹でたものに、大根のサラダ。
オリーブオイルを回しかけて、小麦にはバターをひとかけら落とした。
f0142623_20272183.jpg


毎日、いろいろなことに追われて、小さなことに心を捉われて、
今の場所が自分にとってどうなのか、振り返ることを忘れてしまっていたけれど、
あのとき、あの日、あの頃。「今の場所」をどれだけ望んだことか。
つまらないことに悲しんだり、不安になったりしている場合じゃないじゃない。

もういちど、自分の場所を確認しなくては。

Facebookには書けないので、心の中はこちらに。
2013年ーー今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by neko_ebi | 2013-01-14 20:30 | 家ごはん
f0142623_3482633.jpg
WWOOF体験記は、まだ終わっていなかったのさ。

フランスWWOOF中、普段の食事はどうしていたかというと、大抵は、ホストに作ってもらっていた(もちろん、できるお手伝いはする)。WWOOFerがたくさんいた農場では、自然と家事分担制になり、自分たちで作ることが多かったけど。

写真のキッチンで私が作ったものは、紫キャベツのサラダと(酸っぱすぎてホストに驚かれたw)、ビーツのサラダ、トマトクリームソースのスパゲティ。それから、毎朝のチャイ。

ホストがものすごく料理上手で、ちっとも出る幕がなかったのさ。

でも正確に説明するならば、このキッチン(台)ではほとんど料理をしていない。私も、ホストも。普段は、ダイニングテーブルの上で野菜を切ったり、和えたり、いろいろなことを済ませてしまう。みんなで座って、一日の出来事を話しながら。
[PR]
by neko_ebi | 2011-04-20 03:59 | 旅(フランス)
f0142623_511633.jpg
夜、思い立ってお菓子を焼いた。ファー・ブルトンを。
マリ・テレーズのやさしい声が耳に蘇った。

「トレ・ビアン」
マリ・テレーズはいつもそっと小さく呟く。

「トレ・ビアンよ、ユキ。トレ・ビアン」
そして必ず、もう一度繰り返す。私に言い聞かせるように少しだけ強く。

マリ・テレーズはホストのお母さんで、
ファー・ブルトンはブルターニュの郷土菓子だ。

More
[PR]
by neko_ebi | 2010-02-02 05:11 | 家ごはん

ビビンバ。ピビムパプ?

f0142623_22314580.jpg
ビビンバ作りました。

ピビムパプ?

More
[PR]
by neko_ebi | 2009-07-22 22:59 | 家ごはん

醤油バターごはん!

f0142623_2262251.jpg
仕事から帰るみちみち、お腹にそっと聞いてみた。今日は、何を食べたいか。


「醤油バターごはん!」

ほかほかご飯にバターをのせて、ちょっと溶けたところにお醤油をチョロっていうは
たまらなく贅沢(か?)。
でもそれだけじゃぁねぇ、ってことで、とにかくバターと醤油が合うものを。

ごちそうさまでした。

*器はpotblueのデカ皿!
[PR]
by neko_ebi | 2009-07-10 22:07 | 家ごはん