ネコな海老 nekoebi.exblog.jp

ネコな海老


by neko_ebi
プロフィールを見る
画像一覧

パティスリー・ドゥネル(花小金井)

f0142623_21431238.jpg

「参ったな」
これが、お店の第一印象。



地方菓子や地方レストラン、地方の食材人気が高まるなか、個人的に探求したいのは、東京の地方(=東京都下。要するに私の生活圏内)のお店。

最近見つけた近所のお気に入りは花小金井の「パティスリー・ドゥネル」。
小金井公園からほど近く、小金井街道沿いに位置しています。

ケーキの横には、マカロンやショコラ、パート・ド・フリュイなどコンフィズリーが佇まいよく並び、フロアと壁は焼き菓子のオンパレード。自家製コンフィチュールに、クロワッサンやパンド・ミーなどのパン類もあれば、アイスやソルベも売っている!

「無理して、買うもの絞るのをやめよ」
入ってまず決めました。

シェフの中澤啓人さんは、フランス、ドイツ、オーストリアで6年の修行を積み、国際製菓専門学校の教壇に立ったのちにお店をオープン。ご実家は岩手県の老舗菓子店なのだそうです(なんで小金井だったんだろう?)

さて、お菓子のおいしさは写真にまかせるとして、味以外のお気に入りをいくつか。
①アイスクリームがある 
②イートインスペースが和む(しかもコーヒー100円、安っ) 
③300円、400円台のケーキが多い 
④販売のお姉さんの雰囲気が、ゆるやかでハナマル
⑤駐車場が3台分ぐらいある

ここだからこそ必要な心遣いに溢れてる。

ケーキ屋さんって、存在自体が幸せそのものだと思うんですね。食べる楽しみもあれば、そこに行く楽しみもある。ケーキと一緒にお店の幸福感ごと持ち帰りたい。

なのに、「おいしいのに、売る人(サービス)に愛が足りない」と感じる有名パティスリーもある。レストランではサービスが語られるのに対し、パティスリーではなぜ重視されないのだろうと常々不思議に思っていたのでした。ショーケースの向こう側に冷たい空気を感じてしまうと、幸せが半減しちゃうのに。

ドゥーネルは、お菓子だけじゃなくてお店丸ごとで幸せ~と感じたお店。こんなパティスリーが近所にできて嬉しいことこの上ないのです。 

f0142623_2155735.jpg
『マノイ』 390円
シェフの修行先のひとつ、アルザスの名店「ジャック」のスペシャリテ。キャラメルムースのほろ苦さがせつない。
f0142623_21551342.jpg
『純正苺ショート』 330円
口のなかからすっと消えてしまうほどサッパリと潔いクリーム。スポンジの率が高くない? と思うことなかれ。スポンジも味わい深いから。
f0142623_21551841.jpg
『サンジェルマン・アン・レイ』 400円
オススメはなんですか?と聞いて勧めてくれたのがこちら。これも修行先のスペシャリテなのかな? アメ菓子食べてるようにガリガリっと、噛みながら楽しむお菓子だ。 
f0142623_21552427.jpg
『クロワッサン』 150円
一番のお気に入りがコレ。クロワッサンというよりお菓子ですよ、お菓子! トングの先にサクサク感が伝わったときの期待を、10倍ぐらい上回るおいしさでした。上部にはなんだろう、甘い蜜が塗ってあるんです。
f0142623_2155291.jpg
願わくばこの空洞に住みたい、皮目のサクサクに反してしっとりな内部(グーニーズが大好きで、空洞・洞窟系に心が躍る。密度の濃いくもの巣の穴もLOVE)。
f0142623_21553417.jpg
『マカロン キャラメル』 150円
小ぶりで軽めなマカロン。10種類くらいあったかな?
f0142623_21553985.jpg
カットケーキの相場っていくらぐらい? 
「500円でおつりがくると安い」「700円近くになると贅沢」とわたしは感じます。

だから300円台のケーキを見ると頬が緩んじゃう。特別なときだけじゃなくて、いつでも食べれるでしょう? という値段設定は買い手想いであり、生活に寄り添ってくれるお菓子だなぁと思うのです。 
f0142623_21554498.jpg
品揃えが多いから、店内を30分眺めて過ごせそうなお店。
次はイートインスペースのソファに腰を下ろして、アイスを舐める予定。

By カヌレ部部長(今回はカヌレなし!)
[PR]
by neko_ebi | 2010-04-26 22:16 | Sweets