ネコな海老 nekoebi.exblog.jp

ネコな海老


by neko_ebi
プロフィールを見る
画像一覧

【WWOOF体験記】 私の語学力と心構えについて

f0142623_22391810.jpg
「おぬし、フランスでファームステイするぐらいだからそこそこ語学ができるんじゃろう。ふぉーーーっふぉっふぉっ」
と魔女は申しているようですが、私の語学力はといえば、英語はまったくNG(←謙遜じゃなくて本当にできない)。仏語は日常生活に超支障が“ある”レベル。まじで。

(注意)長~いです!WWOOFに興味がない方は無視推奨。



f0142623_2241297.jpg
(ホストの家にはビオ製品だらけ)

◆あったのは意気込みだけ◆
仏語学校には週に1回1時間通っていましたが、“通う”ことで勉強していた気になっていたため、3年という月日が経ったとは思えない出来で、仏検は準2級。ちなみに英検は多分4級(←小学校のとき受けて以来受けてない…)。

フランスへは過去に3回旅行をしたことがあり、うち1回が一人旅でした。WWOOFをする前の海外旅行経験はハワイ(1回)、台湾(1回)、フランス(3回)、ベトナム(1回)。1人海外旅行の経験はフランスとベトナムのみで、英語ができないコンプレックスから、一人での海外旅行に極めて消極的でした。

そんな私が海外でWWOOFなんてしていいのか? ホストに迷惑はかけないか? 何事もなくちゃんと生活できるのか? どんなことになっちゃうのか? それはもう不安で一杯でした。でも、どうしても行きたかった。

・海外で長期滞在の経験をしてみたかった。
・フランス語のレベルアップを図りたかった。
・旅行じゃなくてフランスの生活そのものを体験したかった。
・「食」の生産現場を見たかった。

それが、フランスでWWOOFをすることの目的でした。
f0142623_22412431.jpg
(ホスト宅。毎日ここでご飯を食べた)

◆第一段階:WWOOFについて知る◆
とにかくWWOOFについて全く知識がなかったので、まずは情報収集から。一番役に立ったのはやはりWWOOF JAPANのサイトです。心構えや海外WWOOFについての情報が盛りだくさんで、ここでWWOOFをするとは?をみっちり自分に叩き込みました。

次に、WWOOF franceのサイトを読み込みました。辞書を片手に登録方法などについて調べていきました。わたしにとってはトップページから難関~(涙)。でも、これが読めなければ行けるわけがない! 結果、ほとんどの単語を辞書をひきながら、必死の形相で訳しました。

同時に、フランスでWWOOFをされた方のブログを探しまくり。体験記から、その方の不安やホストとのやりとりを知ることができ、飾りのないリアルな報告がとても心強い。とにかく自分の中で、出血不安大サービス中だったので、少しでも現地の情報が欲しかったのですね。

また、身近に海外WWOOF体験者がいたので、相談に乗ってもらいました。
「本当に言葉ぐずぐずで大丈夫かな?」
→「ホストは外国人を受け入れ慣れているから大丈夫」
「メール出したけど、ちゃんと伝わってるかな?」
→「間違ってても、文面から行きたい気持ちや頑張る気持ちが伝われば大丈夫」

とにかく、大丈夫だよ!という励ましを何度ももらい、これは効果テキメンでした。
f0142623_22414019.jpg
(白菜の醤油煮。ホスト3軒中2軒にしょうゆが常備されてた)

◆海外WWOOFの心構え◆
心構えについてはそのほとんどを、WWOOF JAPANから得た私ですが、WWOOF JAPANのサイトを読むことで、逆に“恐れ”を感じたことも事実です。ホストとWWOOFerの橋渡しをするわけですから、互いの関係で問題が起こらないよう、「こうあるべき」ということがしっかりと書かれています。つまり、「こうあるべき」状態でないなら行くべきではない、とも。

ここで一度、びびっちまいました。なんてったってわたしは、「こうあるべき」状態に全く入っていなかったんだもの。農の知識も経験もなければ、英語や現地語(私の場合はフランス語)もかなり支障がある。しかも日本でのWWOOF体験もなければ、渡仏前に日本で体験をしておく時間もない。これは、ホストに迷惑をかけてしまう可能性もあります。

それでも時間も語学力もないものはない。だからせめて、自分ができる精一杯のことをしようと決めました。仕事はなんでもするし、辞書やジェスチャー、イラストあるものなんでも使ってコミュニケーションしよう。最大限、ホストの方々の生活に歩み寄るようにしよう。その心構えだけはしっかり携えていきました。

f0142623_22415521.jpg
◆準備期間がないと心臓に悪いよ!◆
ちなみに、WWOOFするぞと決めてから出発までは約2ヶ月。しかし、出発ギリギリまで仕事に追われ、ほぼ準備ができないまま月日は過ぎ、渡仏1週間前までホストが決まっていませんでした。ただ、フランス到着後10日間ぐらい旅行する予定だったので、WWOOF開始希望日まで2週間ほどあったのは救いでした。

この状況は心臓に悪かったぁぁ~。WWOOF予定の方は、かつ語学に自信がなくてホストに電話かけるなんて絶対無理!という方の場合は、なるべく早めに準備することをオススメします(ホストとメールでやりとりする場合は、返事をもらうのにものすごく時間がかかることがあります)
[PR]
by neko_ebi | 2010-03-26 22:32 | 旅(フランス)