「ほっ」と。キャンペーン

ネコな海老 nekoebi.exblog.jp

ネコな海老


by neko_ebi
プロフィールを見る
画像一覧

何年ぶりの投稿か。

もうブログの管理者権限を剥奪されているかもしれない・・・。
というぐらい放っておいたのに、投稿ができて驚いています。

写真はどこで撮ったかわからないけれどテストアップ。

f0142623_3472846.jpg


そうか、まだ使えるのかこのブログ・・・。
必死に更新していた頃が懐かしいです。
[PR]
# by neko_ebi | 2016-09-07 03:50 | 日常 | Comments(4)
突如、思い出した。
ブログの存在を!

いろいろあり、1週間の禁欲生活。
明けて最初に口にした糖分は、
青木定治さんのカヌレでした。

染みた。
f0142623_1101021.jpg

[PR]
# by neko_ebi | 2014-01-29 01:10 | 日常 | Comments(1)

フランスを想う日。

2013年1月15日(月・祝)、一日大雪。
家を出るにも出られずに1日キッチンで過ごした。
どういうわけか、朝からめいいっぱいフランスを感じる1日だった。

あるものでポタージュを作ろうとコンロの前に立つと、窓の外に吹雪が見える。
外の風は水気を帯びて冷たくて、でも、手元から根菜のことこと煮える湯気が立っていて、
暖かさと冷たさのコントラストが、わたしをフランスの山の中に一気に引き戻した。

1日かけて3日分ぐらいのお弁当を作り、
キッチンにある食糧をチェックしていたらブルガー小麦を発見。
どう食べるか散々調べたあげく、袋の裏のレシピを参考に、ただ、ゆでてみた。

フランスで初めてステイしたファームで、ゆでるだけの穀物を食べたんだけど、
そうかあれはもしかしたら、ブルガー小麦だったのかもしれない。
何をするにもフランス語しかなく、パッケージの裏のレシピですら辞書を片手に向き合ったっけ。
食べるものはいつもシンプルで、パスタをゆでてバターを絡めるだけだったり、
穀物を茹でて、煮物に添えるだけだったり、
野菜をザクザク切って、オイルをかけるだけだったり。

でも、そのどれもがしみじみとおいしくて、
「複雑なものはなにもいらない」、そう思ったんだった。

そうだ、あの気持ち。

それを思い出したくて、今晩のごはんは「複雑でない」ものに。
ブルガー小麦を少しの塩で茹でたものに、大根のサラダ。
オリーブオイルを回しかけて、小麦にはバターをひとかけら落とした。
f0142623_20272183.jpg


毎日、いろいろなことに追われて、小さなことに心を捉われて、
今の場所が自分にとってどうなのか、振り返ることを忘れてしまっていたけれど、
あのとき、あの日、あの頃。「今の場所」をどれだけ望んだことか。
つまらないことに悲しんだり、不安になったりしている場合じゃないじゃない。

もういちど、自分の場所を確認しなくては。

Facebookには書けないので、心の中はこちらに。
2013年ーー今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by neko_ebi | 2013-01-14 20:30 | 家ごはん | Comments(3)

【私信】カンペール情報

これからカンペールを訪ねる方への私信です。ずっとご無沙汰しているのに、私信ブログですみません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結局、クレープリーは2軒しか行けず、+カフェ1軒でガレットを食べた。昼、夜2軒ずつハシゴするつもりで訪ねたものの、土日の滞在で店はすべて閉店(無念)。というわけで、この店がおすすめ!という言い方はできないため、結論としては「開拓してきてね」です(申し訳ない)。せめて、行ったお店の感想だけ。

f0142623_2551368.jpg
ここ、お店の名前読めるかな? たしか、「SUCRE SALLE」というクレープリーと同じ並びにあったと思う。カフェみたいな感じで、店員がラフで、気さくで、1人ごはんでもまったく気兼ねなく入れたため、雰囲気も味も総合ポイント高し。
f0142623_2552027.jpg
食べたのはコレ。三角に折られたガレットが素晴らしく美しかった。生地はサクサクっとしていて、具のバリエーションも多すぎて悩むくらい。
f0142623_2552715.jpg
デザートのクレープは、まずはシンプルなものを!と思ってお砂糖だけ(バター&お砂糖だったかな?)のものを頼んだけど、もうちょっと遊んでもよかったかも。
f0142623_255351.jpg
ガレットメニューは、3ユーロ台、4ユーロ台もあって◎。どこも値段感はそんな感じだったと思うので、店&胃袋が開いているなら、1回の食事で2軒くらいハシゴできるといいと思います(私の場合は選択肢がなかった……)。
f0142623_2554233.jpg
こちらはデザート用。バターだけ、砂糖だけだと1.8ユーロ、コインフィチュールで2.4ユーロ、マロンクリームで3.4ユーロなど。
f0142623_2554881.jpg
「SUCRE SALLE」。1人で食べるのはちょっと居心地が悪かった。隣が大家族のテーブルだったかもしれないけど……、店員さんの感じとか、多々気になる点あり。
f0142623_2555440.jpg
ガレットコンプレは、味などもろもろ忘れました。「おいしい!」と思った記憶、特になし。
f0142623_256067.jpg
ヌテラ……を頼んだんだっけ? 重い~と思った印象あり。ヌテラはどこでも食べれるから、ハチミツとかコンフィチュールにすればよかったな。
f0142623_2561450.jpg
これは、普通のカフェで食べたもの。町中はどこもかしこもクレープリーがたくさんあるので、探す必要はゼロ。行き当たりばったりでも、どこでも食べることができる。土曜日の昼は開いてるけど、土曜日夜&日曜日はほぼCLOSE。また、ランチとディナーがしっかりわかれているので、タイミングを逃したときは諦めてカフェへ。
f0142623_2562268.jpg
カフェだけど、お皿はしっかりブルトンよ。
f0142623_2562882.jpg
中心部にブルターニュ美術館がある。中には入っていないのでわからないけれど、夜、この美術館の周りを歩いたらお化けが出そうでとても怖かった。
f0142623_2563433.jpg
ケルト音楽のCD屋さん。場所の詳細わからず。ぐるぐる歩いてたら出合った。1時間もあれば一通り歩き回れてしまうほど小さい町なので、ひとまず1時間くまなく歩くと、何があるかだいたいわかると思います。
f0142623_256409.jpg
お菓子屋さんかパン屋があったら、「ファーブルトン」「ガレット・ブルトンヌ」を是非。店によって大きさや味がいろいろあるので、いくつかお試しを。特に、「ファーブルトン」を食べてほしい。小麦粉と卵と牛乳で作り、中にプルーンが入った郷土菓子。写真にはないけど、「クイニアマン」も探してみてください。日本で見るような美しく整ったものでなく、「なんじゃこりゃ」なぐらいざっくりとした焼き方だけど、味は恋に落ちそうです。
f0142623_2564630.jpg
本屋さんで、日本人作家の仏語版を見つけた。浅田次郎「蒼穹のすばる」のフランス語版。一番好きな作家さんなので、買いそうになったが重いので諦めた……。
f0142623_2565332.jpg
中心部に川が流れている場所があって、この近くで朝、マルシェが開かれる。私がお世話になった農場主がパンとコンフィチュールの店を出してたんだけど、マルシェが何曜日だったかど忘れしました。土曜日だったかな? 木曜日だったかな? もし聞けたら、地元の人に聞いてみて!
f0142623_350913.jpg
マルシェに出ていたガレット屋台。ガレットの生地だけテイクアウトすることもできる。
f0142623_25715100.jpg
地元のスーパーで買ったビール。これたしか、ブルターニュの地ビールだったと思います。スーパーに行ったらビールコーナーを見てみてくださーい!


それから、これまた写真がなく、しかも場所も伝えられないのだけど……ものすごく素敵なアンティークショップがありました。中心部に広場&教会があり、その場所から東へ行き、突き当たったところが坂の小道になっているはず。坂の小道には小さなショップがたくさん並んでいて、そこにアンティークショップがあるのです。アンティークばかりでなく、アンティーク風の小物がたくさんあって、この店を何度訪ねたことか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ざざっとで申し訳ない。地図を前にしたら、もう少し場所など伝えてあげられそうなんですが……。少しでも役に立ちますように。
[PR]
# by neko_ebi | 2011-09-19 02:57 | 旅(フランス) | Comments(2)

Leffe

f0142623_0141929.jpg
WWOOFステイ中、ホストが怪我をして救急で病院に行った。病院を2軒はしごする必要があり、移動途中に街で休憩をすることに。そのときにホストが選んだのがLeffe(レフ)ビール(これから診察なのにいいのか?と内心思ってた)。

あの時、会話についていくのに必死で味の記憶がないのだけど、今ではすっかりお気に入りで、仕事から帰っててどうしても飲みたくなると、夜中の2時でも車でLeffeを買いに行く(どんだけ……)。強いフレーバーとコクがおいしくて、そして日本ではなかなかに高い。1瓶400円くらい。

ホスト宅にお世話になっているときに、彼らは一切私にお金を使わせようとしなかった。どうにかありがとうを伝えたくて、1人で街に出たときにお土産に買ったのが、写真のLeffe1ケース。

「 C'est gentil 」

とホストが言って、その言葉をここで初めて覚えた。
それまで、ありがとうはMerci しか知らなかったから。
[PR]
# by neko_ebi | 2011-08-15 00:28 | お酒たしなむ | Comments(2)